Webライターにワードプレスは必要?WordPressが使えた方が良い理由とメリット

Webライターとして案件を眺めていると、

WordPress(ワードプレス)使える方優遇
ワードプレスでの納品」という単語を目にすることが多いと思います

未経験・初心者WebライターはWordPress(ワードプレス)を使えた方がいいの?

結論 から言うと、
 →WebライターはWordPress(ワードプレス)を使えたほうが良い

実際にわたしのWebライターとして記事納品方法は、ワードプレスでの直接入力です。

あさよ

Webライターとしてワードプレスが使えるのはメリットしかありません

そこで、今回はWebライターがWordPress(ワードプレス)を使えた方が良い理由や勉強方法について紹介していきましょう

この記事でわかること

  • Webライターがワードプレスを使えた方が良い理由
  • ワードプレスを使えるメリット
  • そもそもWordPressとは?
  • ワードプレスを効率よく学ぶ方法
目次

WebライターがWordPress(ワードプレス)を使えた方が良い理由

WebライターがWordPress(ワードプレス)を使えた方が良いということが分かったところで、なぜWebライターにワードプレスの知識が必要なのか説明していきましょう

ワードプレス(WordPress)で入稿する場合がある

Webライターの入稿方法は「Word・エクセル・pages」などですが、最近はワードプレスに記入して入稿するパターンが増えてきています。

Webライターの納品方法

  • Wordファイル
  • テキストファイル
  • Googleドキュメント
  • エクセル
  • ワードプレス など

ブログをやっている方ならわかると思いますが、WordPressで入稿した方が記事の装飾や編集が圧倒的に簡単なんです。

クライアントのサイトもワードプレスを使用しているところがほとんど。

あさよ

もちろん、いま読んでいるこのサイトもWordPressで書いています

ワードプレスで入稿した方がクライアント側の編集・装飾がしやすいことからワードプレスを使えるWebライターが優遇されることが多いんです。

WordPressを使えることでWebライターとしての案件が増える=仕事のチャンスが増えるということですね。

ワードプレス(WordPress)が使えるwebライターが少ない

文章は書けるけどWordPress(ワードプレス)を使えるWebライターは意外と少ないです。

これからWebライターとして活躍していくためには、WordPress(ワードプレス)が使えるという強みも持っているだけでも案件の受注率は高くなります。

ワードプレスを使えるWebライターが少ないなかで、ワードプレスが使えるwebライターはこれから活躍できるチャンス!ということですね

ワードプレスが使えるwebライターは需要が高い

WordPress(ワードプレス)での入稿は、クライアント側の手間も省けるのでワードプレスが使えるwebライターは重宝されます。

案件の募集項目を見てみると納品形式にワードプレスを指定しているクライアントは多いです

納品指示がワードプレスに指定されている以上、WordPress(ワードプレス)のスキルがないと案件に応募すらできません

WordPress(ワードプレス)が使えないというだけで、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性が高くなります。

Webライターとして安定的に稼いでいくなら間違いなく「WordPress(ワードプレス)のスキル」は身につけておきましょう

ワードプレスが使えることで単価交渉が可能になる!報酬アップの秘訣

WordPress(ワードプレス)が使えるwebライターは確実に報酬アップにつながります

ワードプレスが使えるだけで報酬があがる理由は、クライアント側にとって「」しかないからです

WordPressを使った記事執筆の流れ

ワードプレス
使用しない時の流れ
ワードプレス
使用時の流れ
  • タイトル
    クライアント
  • 記事執筆
    ライター
  • ワードプレス入稿
    クライアント
  • 画像挿入
    クライアント
  • 文字装飾
    クライアント
  • リンク挿入
    クライアント
  • 確認・添削
    クライアント
  • 記事更新
    クライアント
  • タイトル
    クライアント
  • 記事執筆
    ライター
  • ワードプレス入稿
    ライター
  • 画像挿入
    ライター
  • 文字装飾
    ライター
  • リンク挿入
    ライター
  • 確認・添削
    クライアント
  • 記事更新
    クライアント

※→Webライタークライアントの作業を色分けして表示しています

上記の比較を見てわかるように、クライアントの手間が省けるのが分かります。

記事を書くだけのwebライターより、ワードプレスで納品してもらうことで記事更新までの負担が大幅に減り、企業側もメリットしかありません

ワードプレスでの納品ができることで、クライアントの負担は減り、メリットしかないということは「Webライターとして単価交渉にかなり優位」ということです

webライターの低単価は効率が悪く「Webライターやめとけ」と言われる理由にもつながります

未経験Webライターの文字単価は0.3〜0.5/1文字が当たり前な世界で、少しでも文字単価を上げてWebライターとして月6桁の収入を得るためにワードプレスは必須のスキルでしょう

↑目次に戻る

WordPress(ワードプレス)とは?webライターへのメリット

WordPressは大事、ワードプレスはWebライターに必須!と何度も言っていますが、そもそもWordPress(ワードプレス)とは?という方に簡単に説明しておきましょう

あさよ

ブログをやっている人やワードプレスについて知っている人は飛ばしちゃってOKです

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している。単なるブログではなくコンテンツ管理システム(CMS) としてもしばしば利用されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あさよ

ちょっと何言ってるかわからない!笑

簡単に説明すると、
 →ワードプレスは簡単にサイトやブログが作れる便利なやつ

超簡単に説明していますが、HTMLやCSSの書き換えなど面倒で手間のかかる作業をしなくても、管理画面を通して記事や画像を登録・更新できる便利なツールです

世界中でも使われるワードプレスですが、日本でも人気が高く個人ブログだけでなく、企業でも使用されています。

↑実際に使っているワードプレスの画面

プログラミングができなくてもOK!難しいコードなども不要です

簡単に装飾や画像の貼り付けが可能なので、一度WordPressの使い方を覚えたら簡単な作業です

webライターがワードプレスを使えるメリット

webライターがWordPress(ワードプレス)の知識がある・使えることはメリットしかありません

ワードプレスが使えるメリット
  • 仕事(案件)の種類が増える
  • 報酬・文字単価が上がる
  • Webライター以外でも収入を得られる

ワードプレスのスキルがあると、Webライターとしての収入だけではなく「ブログ」でも非常に役に立ちます。

むしろ、ワードプレスとライティング力があればブロガーとして収入増も夢ではありません。

ワードプレスはWebライター以外でも使える

これからWebライターとして副業や在宅ワークをするときに、ある程度の知識とライティングスキルが身に付いたときに「ブログ」として第二の収入源が作れます

ワードプレスが使えることで、webライター以外の在宅ワークがスムーズにはじめられるのはメリットが大きいですね

あさよ

実際にわたしも「webライター×ブログ」で在宅ワークをしていますがワードプレスのスキルは必須

Webライターのワードプレス(WordPress)学習方法

ワードプレスを使えるようになるための学習方法は5つ

わたしは、独学で勉強しましたが効率が悪過ぎるので本気でおすすめしません!「ケチらず、初期投資としてしっかりワードプレスについて学べ!」と今なら当時の私に言います。

5つの勉強法でおすすめなのは短期間かつ効率的に学べる「通信講座・スクール」です。

おすすめの通信講座・オンラインスクールも紹介しているので参考にご覧ください

ワードプレスに関する本を読んで勉強する

ワードプレスにについて知りたいなぁ。程度ならとりあえず本を読んでみましょう

ただ、実践でやるのと本だけの知識では全然違うので実践あるのみです

基本、難しいCSSコードなどは使いません。ブロックエディターで簡単にさくさく装飾もできちゃいます。

↓1番分かりやすかった本

通信講座で学ぶ

未経験のWebライターにおすすめの始め方は、通信講座やオンラインスクールです。

通信講座やスクールでは、Webライティングの力を身につけつつ、ワードプレスも使えるようになるので一気にWebライター・ブログのスキルがアップ!

たのまなWEBライティング講座では、協会の認定資格「WEBライティング事務士」対策講座の資格取得の講座を学びつつ、webライターとしての基礎知識や実践的な講座受講が可能です

>>たのまなWEBライティング講座について詳しくみる

月々3,300円の受講料金でWebライターとしてのWordPress(ワードプレス)とライティングスキルが身に付きます

ライティングの勉強をしながら資格取得ができる
たのまな WEBライティング講座

資料は請求後4〜5日で郵送

キャリアスクールで知識を身につける

SHElikes公式HPより

ワードプレスのスキルだけではなく、WebライターやWebデザイナーなど全27の職種から好きなコースが受け放題のSHElikes(シーライクス)

受講後の転職・仕事探しまで手厚いサポートで安心してスキルを発揮できます

人気のWEBデザイン・WebライターやWebマーケティングの体験レッスンが無料で受けられるので、webライターという仕事について興味があるなら1度、体験レッスンを受講することをおすすめします

体験レッスンに参加するだけで、お得な特典盛り沢山!しつこい勧誘はないので安心してください。

今なら無料体験レッスン予約でプレゼント!
お得な特典付き

\ オンラインで気軽に参加OK /

>>未経験者向けWEBスクール【SHElikes】

ブログをはじめて独学で勉強する

ブログのほとんどはワードプレスでの入力です。

自分のブログを立ち上げて、Webライターとして身につけたライティング力が発揮できる場所にもなります

通信講座やオンラインスクールで学んだSEO対策もWebライター・ブログでは使えるのでスムーズなスタートを切ることができますよ

実際に案件を引き受けながら知識を身につける

正直、あまりおすすめしない学び方です

ワードプレスでの記事作成は慣れていないとかなり時間がかかります。

画像の入れ方・各種リンクの貼り方、文字装飾などワードプレスの作業は慣れるまでは時間がかかるので、案件の期限を過ぎてしまう可能性が高くなってしまします

すると、クライアント側からの信頼感が下がりリピートされなくなってしまいます

あさよ

ワードプレスに慣れてから案件を引き受けることをおすすめします

↑目次に戻る

Webライターで勝ち組になりたかったらWordPress(ワードプレス)のスキルは必須!まとめ

これからWebライターとして、副業・在宅ワークで仕事をしていくためにはWordPress(ワードプレス)のスキルは間違いなくあなたの武器になります

ワードプレスが使えるWebライターのメリット

  • 仕事(案件)の種類が増える
  • 報酬・文字単価が上がる
  • Webライター以外でも収入を得られる

Webライターは単価が低く「Webライターきつい」「Webライターひどい」なといった意見もありますが、スキルを身につけ高単価案件をこなしていく必要があります

そのために、webライターとしてワードプレスを使えるようになりましょう

ワードプレスとライティングスキル・SEO対策ができるWebライターは最強です!

>>未経験・初心者Webライターにおすすめ!ライティング力が鍛えられる講座5選

↑目次に戻る

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる