Webライターに向いている人の共通点とは?向いていない人の特徴と違い【適正診断】

在宅ワークで人気の高いWebライターに向いている人とは?

Webライターに興味はあるけど、どんな人がWebライターに向いているのか。逆に向いていない人について気になりますよね。

結論 から言うと
 →向いている・向いていないに関わらず「迷うならやってみよう!」です

これから紹介していきますが、確かにWebライターに向いている人・向いていない人はいます。

しかし、Webライターに興味があり、やりたいと迷っているのなら「やるべき」です

Webライターはパソコンとネット環境があればでき、好きな時間・場所で働ける仕事です。初期費用がかからないので、「損」をすることがありません。

正直、Webライターに向いている・向いていないという【適正診断】より、やる気や継続力がWebライターとして大切です。

とはいえ、Webライターに向いている人・向いていない人の特徴はあるので、参考程度にご覧ください。

Webライター向いているというより「やりたい!」という気持ちを大事に思い切って挑戦することも大事です

目次

Webライターに向いている人の7つの特徴

Webライターに向いている人の具体的な特徴を紹介していきましょう。

すべての特徴に当てはまる必要はありません。Webライターとして向いている項目があれば、未経験でも挑戦してみる価値は十分にありますよ

文章を書くのが好き

Webライターの仕事内容は「パソコンで文章を書く」お仕事です。

文章を書くのが好きな人や、自分の思いを言葉にすることが得意な人もwebライターに向いています

情報を発信することが好き

自分の気持ちや想い、思考やリサーチしたことも含め、それぞれの情報を自ら発信することが好きな人にWebライターは向いています。

プレゼンのように人前で発表することはありませんが、自分の情報を自分の言葉で発信することが好きな人やできる人にWebライターの仕事は適正です

情報を発信するときは誤った情報を発信しないよう、Webライターとして発信する情報は責任感を持ちましょう

修正依頼をされても素直に受けとめられる人

クライアントからの指摘や修正を素直に受けとめられる人もwebライターに向いています

Webライターとしてクライアントとの案件のやりとりで、添削や修正をされることは結構あります。

修正や添削をされたら、素直に受けとめて次へのステップに切り替えましょう

指摘された点を引きずるのではなく、次回の記事作成に活かせるようインプット・アウトプットすることが大事

わたしは、修正や添削に関して、同じ失敗を繰り返さないように全てメモに残しています。添削部分は「なぜ?どうして?」と考えることでスキル向上にもつながりますよ。

あさよ

自分が書いた記事に修正依頼がきたら素直に受けとめましょう

ひとり黙々と作業をすることができる

Webライターはひとり黙々とパソコンと向き合って、作業をこなします

在宅ワークで好きな場所で自由に仕事ができるWebライターだからこそ、ひとりで黙々と作業をこなせる人はWebライターに向いています

人や物事に対して興味・関心が強い人

人や物事に対して興味や関心が強い人は、調べる(リサーチ)することも得意な傾向が強いです

Webライターの仕事は、深く知らない知識のジャンルの記事を書くこともあります。

ただ、文章を書くだけではなく、世の中のさまざまな出来事にアンテナを張っておくことも必要です。

さまざまなコトに興味や関心がある人はWebライターは向いているでしょう

諦めず継続力がある

未経験からでもはじめられるWebライターは、初心者だから「簡単に稼げる」という意味ではありません。

Webライターとして5万円以上稼ぐためには、時間がかかります。

初月から稼ぐ天才肌の人はほんの一握り。ただ、Webライターは諦めずに正しいやり方で始めたら間違いなく稼ぐことができます。

Webライターとしての向き・不向きというより「根性論」が1番大事なのかもしれません。

良い意味で、諦めの悪い人はかなりWebライターに向いています

好奇心や向上心を常に持っている

好奇心や向上心が強く、何事にもチャレンジし学ぼうという気持ちがある人もWebライターに向きです

Webライターは、文章力やライティングスキルが高ければいいだけではありません。

Webライターに必要なスキルや知識は、

  • WordPress(ワードプレス)
  • SEO対策
  • 文字単価などの交渉術
  • 図解デザイン

未経験でもWebライターはできますが、5万円以上稼ぎたいなら必要なスキルです。

もちろん、ワードプレスだけでも知識があれば十分ですが、さまざまな知識を持っているだけで文字単価や収入が全然変わってきます

ライティングスキルが身に付いたら次はWordPress(ワードプレス)についてスキルをつけよう!といったように、現状に満足せず向上心を持っている人はWebライター向きです。

>>WebライターにWordPress(ワードプレス)のスキルは必要?WebライターにWordPressスキルが必要な理由について詳しくはこちらをご覧ください

Webライターに向いていない人や挫折してしまう人の5つの特徴

Webライターに向いている人の特徴を紹介していきましたが、Webライターの適正診断では「Webライターに向いていない人」にも注目しましょう。

ただ、Webライターに向いていないと感じても、やりなたいなら絶対にやるべきです。

あさよ

やってみたら意外と向いている仕事かもしれません

文章を書くことが嫌い

Webライターは文章を書くお仕事です。文章を書くことが苦手というより「キライ」なら確実に向いていません。

文章は苦手だけど、デザインが得意ならWebデザイナーという道もあります。

手先が器用でモノ作りが得意ならハンドメイド作家もいいですよね。

苦手は克服することができますが「嫌い」を好きになるのは難しいので、Webライターには向いていないでしょう

時間管理と自己管理ができない

Webライターは、フリーランスとして在宅ワークで働く人がほとんどです。

会社員のように、労働日数や就業時間などの決まりは全くないので、完全に自分でスケジュール管理をする必要があります

在宅ワークでダラダラしてしまう人や、仕事とプライベートのメリハリをつけられない人にはWebライターは向いていません

自己管理はとても大事です。
クライアントとの連絡や相談、メールの返信にルーズな性格の人もWebライターに向いていません

すぐに諦めてしまう

Webライターで稼げないから!という理由ですぐに諦めてしまうような人にWebライターは向いていません。

とにかく粘り強く、うまく文章が書けないときはライティング本を読んだり向上心を持って諦めないことがWebライターとして成功するコツです

好奇心や向上心があまりない

物事に興味がなく、学ぶ意欲もない人のWebライターには向いていません。向上心や学ぶ姿勢は、Webライターだけではなく、仕事全般に大事なことです。

現状に満足するのではなく、将来なりたい自分を想像して前向きに行動していくことが重要です

あのとき勉強しておけば良かった!と後悔する人生にならないよう、今できることは今のうちにやっておきましょう。

最初から稼ごうと思っている人

特に未経験・初心者webライターは、最初のうちは文字単単価が低く、時給で計算すると時給200円以下が当たり前のツライ時期があります。

正直に言いますが、Webライターは最初から稼ぐことはかなり難しいです(経験談)

思うように稼げず、すぐに諦める人はwebライターは向いていないので「Webライターをはじめた半年間は稼げない」という覚悟をしておきましょう。

最初から稼げず、時給に換算すると激安なwebライターはやめとけ!と言われる理由もあながち間違ってはいませんね

>>Webライターはきつい!やめとけと言われる理由と成功の秘訣について詳しくはコチラをご覧ください。

未経験でもWebライターになるには

Webライターに必要なスキルや資格

Webライターになるために必要なスキルや資格は得に必要ありません。

Webライターになるためにスキルや資格は必要ありませんが、Webライターとして効率よく高単価案件で稼ぎたいなら「Webライターで稼ぐため人必要な最低限のスキル」は身につけておきましょう

あさよ

パソコンスキル0ゼロの未経験Webライターだったので最初は、とても苦労しました。

あると良い資格
Webライターとして必要な最低限のスキル

高単価案件などクライアントとの交渉術はWebライターとしてある程度の経験を積んでからでもOKですが、SEOとワードプレスはWebライターとしてかなり必要なスキルだと感じています。

理由は、ワードプレス入稿の高案件が多い+SEOライティングが得意だと文字単価アップの交渉がしやすくなるからです。

時給が上がるだけでなく、安定した収入やクライアントとの信頼関係にも繋がるのでWebライターとして身につけておくことをおすすめします。

未経験からwebライターになる方法・始め方

パソコンスキルがなくてもWebライターになるための方法・Webライターのはじめ方は簡単です

仕事用のメールアドレスを作りクラウドソーシングサイトに登録→気になる案件に応募する。以上です。

必要な物
 →パソコンネット環境のみ

ここでは超ざっくり解説してますが、おすすめのクラウドソーシングサイトや仕事の始め方と流れなど >>未経験OK!Webライターのはじめ方【初心者用】で詳しく解説しているのでコチラをご覧ください

Webライターとしてスキルアップする方法

本を読む

Webライターとして文章力やライティングスキルを上げるためには、勉強するしかありません。

心に刺さるような言葉も必要ですが、不要な言葉を減らし読みやすい文章を簡潔に書くことも大事!

簡単なようで意外と難しい文章の流れや、語彙力もWebライターには必要なスキルです

>>文章術が上がるおすすめの人気ライティング本について詳しくはコチラ

通信講座やスクールで勉強する

Webライターには未経験から独学ではじめることができます。

パソコンとネット環境があればできるWebライターですが、効率よく稼ぐためには通信講座やスクールで勉強するのが1番の近道です。

Webライターとして必要な資格やスキル(SEOライティングやWordPress、法律的なこと)など短期間で網羅的に学べるのも通信講座のメリット。

講座によって取得できるスキルや資格、月額料金は全然ちがうので資料請求だけでもしてみるといいですよ

あさよ

わたしも気になる講座すべて資料請求しました!

>>初心者用Webライターおすすめの通信講座・スクール5選について詳しくはコチラをご覧ください

ブログを開設する

これからWebライターをはじめようとしている人に“ブログ開設”全力でおすすめするスキルアップ方法です。

あさよ

私もWebライターとブログをやっています

Webライターをしながらブログをするのは、結構大変ですがSEOライティングスキルやWordPress(ワードプレス)の知識など爆上がりです。

また、ブログはWebライターとして必要なポートフォリオ(自分の実績)にも使えるので、Webライターをはじめるなら同時にブログの開設がおすすめ

ブログでも収入が増えてWebライターはブログをやって損はありません

Webライターに向いている人の特徴!迷ったらやってみよう|まとめ

Webライターに向いてる人・向いていない人と紹介しましたが、最終的に「Webライターがやりたい」と思ったらやってみましょう!

「やってみたら意外とWebライターに向いていた♪」なんてこともあります。

Webライターになる予定で同時に開設したブログが楽しくて、ブロガーとして路線変更したって全然ありです。

ブログもWebライターで必要なスキルはほぼ同じなので、かなり相性の良い組み合わせのお仕事ですよ。

フリーランスとしてこれから在宅ワークでWebライターやブログ開設で仕事をしてくと決めたら、開業届や確定申告などのお金の勉強もしておきましょうね。

税金で損をしないように注意です

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました〜


>>【初心者用】Webライターの始め方について詳しい記事はこちら

>>未経験Webライターにおすすめの通信講座・スクール5選について詳しい記事はこちら

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる