Webライターのメリット・デメリットとは?現役Webライターが詳しく紹介

副業や主婦に人気のWebライターというお仕事。

未経験でもWebライターになれるけど、実際のところどうなの?Webライターのメリットやデメリットについて気になると思います。

Webライターの
メリット・デメリットまとめ

Webライター
メリット
Webライター
デメリット
  • 初期投資やランニングコストが不要
  • 好きや得意・取得している資格が役立つ
  • どんな場所・好きな時間に作業ができる
  • ビジネススキルも身に付く
  • 文章に書き慣れるまでがきつい
  • 低い時給で最初から稼げない!
  • 締め切りに追われるプレッシャー
  • 働かないと稼げない仕事
  • 自分の資産にならない

Webライターのメリット・デメリットをまとめると?

 →Webライターは最初から稼げず、低賃金!
文章を書かないと稼げない「労働集約型(フロー型)」というデメリットがあり、

 →Webライターのメリットは初期投資が不要でどんな場所でも働くことが可能。
未経験でも稼ぎやすく、さらにライティングスキルを身につける事で、高単価の案件に採用されやすくなり収入アップが見込めます

未経験でもはじめられるWebライターですが、ただ文章を書くだけでは月の収入は頑張っても5万円程度が限度。

しかし、SEOライティングやWordPress(ワードプレス)のスキルを身につけることで、5万円の壁が突破できます。

あさよ

月5万以上の収入があると家計にも嬉しいよね♪

そして、Webライターは文章を書かないと稼げない仕事フロー型

Webライターと同時にブログ開設することで、書かなくても稼げるストック型」の収入も一緒に手に入れませんか?

※フロー型?ストック型?については記事内で簡単に解説しています

それでは、Webライターのメリット・デメリットを理解しながら、Webライターがブログを開設した方が良い理由について紹介していきましょう

目次

Webライターの仕事内容とは?どんなことをするの?

Webライターの仕事は、主にWeb上で検索される記事を書くことです

わからないことや調べたいことがあると、Googleなどの検索ツールを使ってネット上で検索するころがあると思います。

おすすめの本やコスメ、言葉の意味など検索内容はさまざまですが、Webライターは検索して出た文章を書いています

Webライターはスキルや資格がなくても誰でも簡単にはじめることができます。

>>未経験・初心者OK!Webライターの始め方【完全ガイド】でWebライターになる方法を詳しく紹介しています

Webライターの仕事内容がわかったところで、Webライターのメリット・デメリットについて紹介していきましょう

Webライターのメリット

【メリット①】初期投資やランニングコストが不要

Webライターになるために必要なのは「パソコンとネット回線のみ」

今の時代、パソコンやネット回線をすでに持っている人も多く、初期投資に必要な道具を買い揃える必要がありません

金銭的なリスクがほぼ無いことは、これからスタートするにあたってかなり大きなメリットですね

Webライターはパソコンとネット回線があれば、どんな場所でも作業ができるお仕事

【メリット②】好きや得意・取得している資格が役立つ

Webライターは、あなたの好きや得意・資格で勝負できます!

Web上にはたくさんの情報が溢れています。

  • 金融(FP・税金)
  • 美容・ダイエット・コスメ
  • ガジェット
  • 旅行やグルメ
  • スポーツ など

Webライターとして勝負できる資格は、FP(ファイナンシャルプランナー)や税理士のような立派な資格だけではありません。

せっかく取得したのに眠っている資格はありませんか?

主婦ママだと、家事や育児のノウハウ・節約に関することも立派な武器になります。

Webライターでは、あなたの好きや趣味、得意が仕事になりますよ

【メリット③】どんな場所・好きな時間に作業ができる

Webライターは、場所や時間に縛られにくいのもメリットです

パソコンとネット環境がある場所なら、どんな場所でも仕事ができ、会社員のように就業時間もないので働きたいときに働けます。

  • スキマ時間に働く
  • 子どもが寝たあとに働く
  • カフェで作業をする

自由な働き方が可能なWebライターが副業や主婦に人気の理由が分かりますね。

【メリット⑤】ビジネススキルも身に付く

Webライターは文章を書くだけが仕事ではありません

文章を書く以外の仕事

  • クライアントとメールのやりとり
  • 案件の単価交渉
  • 請求書の作成
  • 確定申告 など

とくに副業や主婦の方がフリーランスとしてWebライターをやっている場合、請求書作成や確定申告などの作業も自分でしないといけません。

取引先とのメールのやりとりや、案件の交渉術など仕事に役立つビジネススキルが身に付きます

文章を書くことのスキル意外のビジネススキルも磨けるWebライター意外でも役に立つでしょう

Webライターのデメリット

【デメリット①】文章に書き慣れるまでがきつい

未経験Webライターの最初の壁が「思うように文章が書けない!」

いくら作文や文章を書くことが得意でも、いざWebライターとして文章を書きはじめると指が止まってしまいます。

Webライターが書く文章は作文とはちがい「起承転結」なんて必要ありません。Webライティングのスキルが重要になってきます。

特にパソコンで文章を書くことに慣れていない人が3,000字を書くのには、多くの時間と労力を使いかなりキツいと感じます

そんな人は、本や通信講座で早く効率的に学びましょう

基本から学べる通信講座とライティング本のおすすめ

未経験Webライターがいきなり文章を書きはじめると、ほとんどの人が思考停止します。

理由は
 →文章を書くことに慣れていないから。

ライティングは才能ではなく技術です。

本や通信講座で文章の書き方を学ぶだけでもWebライターとしてのスタートダッシュは全然ちがいます。

ライティングにも、SEOライティング・セールスライティングなどさまざまな文章術があるので、1度勉強すると記事を書くスピードだけでなく「わかりやすく読みやすい・売れる文章」の技術が身につきますよ。

Webライターの仕事は文章を書いたら終了!ではない

記事を書いたらOK!ではありません。

Webライターは記事を書い終え、原稿の納品前に推敲(文章の修正)校正(誤字脱字チェック)を行い、何度も文章の確認をします

あさよ

わたしは今でも書いた文章を声に出して言葉の流れはおかしくないかな?などのチェックをしているよ

誤字脱字のチェックは徹底しましょう

【デメリット②】低い時給で最初から稼げない

特に未経験のWebライターは最初から稼げないことを知っておきましょう。

Webライターとして初月の収入が7,000円だったわたしが胸を張って言います。時給はかなり低いです

Webライターが最初から稼げない原因

  • 文章を書くことに慣れていないから単純に時間がかかる
  • 実績がないためクライアントに採用されにくい
  • 文字単価が低い(0.1〜0.5円/1文字)
  • 請求書の作成などの時間も必要

始めたばかりのWebライターの時給は200円程度(超ブラック!)

低い時給と最初から稼ぐことが難しいことから「Webライターはやめとけ!」なんて言われる理由も分かりますね

>>【現役Webライターのリアル】Webライターはやめとけ!と言われる原因で詳しく紹介しています

【デメリット③】納期期限・締め切りに追われるストレス

「〜日までに」と納期期限が必ずあり、案件の納期に追われてプレッシャーから、ストレスを感じてしまいます

副業でWebライターをやっている場合、本業が忙しくなったり風邪で体調を崩してしまった時でも締め切りは絶対です。

締め切りを破ると信頼がなくなり、次の仕事はないと思ってください。

完全在宅で自由に仕事ができるメリットはありますが、常に締め切りに追われるプレッシャーのデメリットも知っておきましょう

ただ、締め切りなどのストレスは本業でも変わらず、社会で生きていくための大切なモラルです

【デメリット④】Webライターは「労働集約型」働かないと稼げない仕事

Webライターは自分が働くことをやめたら収入もゼロになります。

  • 文章を書く→収入が増える
  • 文書を書かない→収入なし

逆を言えば、記事を書けば書くほど収入は増えるということですね。

フロー型・ストック型のビジネスとは?

フロー型とは、やった分だけ収入を生むビジネス

あさよ

「即金性があり、やれば確実にお金になるけど、自分が働くのをやめたら収入もなし」という感じです

もし、ストック型の収入が欲しければ印税が貰える書籍のライターをしたり、自分でブログ運営をするといいでしょう

いきなり書籍を書くなんて未経験Webライターには無謀過ぎるので、おすすめは「ブログ運営」です

Webライターとしてのライティングスキルを活かしつつ、フロー型・ストック型の両方で収入を得ることが可能になりますよ。

【デメリット⑤】スキルは上がるが自分の資産にはならない

Webライターとしてクライアントの記事を書いても、その記事の資産や報酬はクライアント側にあります。

その時は1文字1円などの文字単価で報酬をもらえますが、結局Webライターが貰えるのはその記事を書いた文字数の報酬のみ

あさよ

Webライターは、書いた記事の文字単価のみが報酬その後、その記事からの収益は発生しないということだよ。

ただ、Webライターとしてのポートフォリオにもなり、未経験のうちは文章を書くことに慣れることが最優先なので、スキルアップのために沢山の記事を書きましょう

Webライターとして文章を書くことに慣れたら「ブログ開設」でさらにステップアップ♪

Webライターと一緒にブログ開設でスキルと収入アップ

Webライターは未経験でも簡単にはじめることができますが、書くことを辞めたら収入もゼロになってしまいます。

正直、Webライターだけで稼ぎ続けるのは高単価の案件に採用されたり、企業の専属ライターにならないと厳しいのが現実です

それでも月5万円程度の稼ぎで良ければWebライターだけでも十分ですが、たくさん旅行をして美味しい食事をして将来の貯蓄を…と考えると収入は多いほうがいいですよね。

Webライターだけの仕事ではなく、ブログ運営をすることでより安定的に稼ぐことができます。

しかも、ブログはWebライターと違って、ストック型のビジネス

記事を書かなくてもブログが勝手に稼いでくれます

Webライターとブログの相性は抜群!

【ブログ+Webライター】スキルを上げながら収入もアップ
ポートフォリオとしても使えるブログ高単価案件をゲット

ブログを運営することで、Webライター以外からの収益が見込めることはもちろん、Webライティング・WEBマーケティングのスキルも上がります。

SEOライティングやセールスライティングのスキルアップも早くなり、Webライターとしての単価交渉にも強気で臨むことができますね

また、ブログはWebライターのポートフォリオ(実績の作品集のようなもの)にも使えます。クライアントからも「こんな記事をかいているんだ〜」と信頼性も高くなります。

ブログを同時にはじめることはWebライターとしてのメリットが大きいでので、かなり相性が良いことが分かりますね。

>>分かりやすいブログの開設方法 ※後日公開予定

Webライターのメリット・デメリット|まとめ

webライターのデメリットは、最初は低時給で稼げず意外と労働型なところです

「Webライターやめとけ!」なんて言われるのは、労働時間と収入が比例していない。そして、安定した収入と高単価の案件を獲得できるまでに時間がかかってしまうのが理由です。

しかし、未経験Webライターでもスキルを上げ文字単価アップしていくことで、月5万円以上の収入が見込めます。

Webライターにとって、スキルアップはとても重要なことです

Webライターのスキルアップ法
  • 本を読んで勉強する
  • 通信講座で効率よく学ぶ
  • 記事を書きまくって慣れる
  • ブログを開設する
  • 未経験でWebライターを目指している人
     →通信講座で要領良く学ぶ
  • Webライター経験者
     →ブログ開設でスキルとストック型の収入を手に入れる

Webライター×ブログ運営の同時進行は最初かなり大変ですが、文章を書くスピードも早くなり、作業に慣れていきますよ

「やりたい!」という気持ちがあれば、今すぐ始めましょう

何度も言いますが、Webライターとして稼ぐためには時間がかかります。ブログでの収益化はもっと時間が必要です。

Webライターとして成功するためには、今すぐあなたが行動を起こすしかありません。

Webライターもブログも初期投資がほぼないので、あとは行動するのみです

>>未経験からWebライターになる方法【完全ガイド】でWebライターのはじめ方を詳しく紹介しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる