FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)レビュー!電動昇降デスクを使ってわかったメリット・デメリット

1年前から在宅ワーク用のデスクを探しており、完全に一目惚れで購入したFlexiSpotの昇降デスク

今回は、FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)を4ヶ月間使ってみた正直な感想・レビューを紹介していきます。

はじめに言っておきますが、リアルに自腹で購入しました(提供してもらっている方羨ましい…笑)

まずは、さっそく結論から
 →FLEXISPOT E7 Pro昇降デスク本当に最高!デザイン・見た目だけでなく、実用性と安全性全てにおいて文句の付け所がない。

なぜ、もっと早くに買わなかったのか後悔するくらい抜群に使いやすい天板の広さと、自分好みのデスクの高さがワンタッチで実現します。

そして、なによりテンションとモチベーションが爆上がり。もちろん、作業効率もアップ!(マジです)

FLEXISPOT E7 Pro昇降デスクのなにが、どう良かったのか?

今回は、デメリットも含め本題の「FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)を使ってみたレビュー」を紹介していきましょう!

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)

メリット
デメリット
  • 好きな高さのデスクになる
  • 立って作業ができる
  • デスクの昇降が簡単
  • オシャレな見た目
  • カスタマイズ自由
  • 高品質・安全性が高い
  • 安くはない
  • 組み立てが大変
  • とても重い

こんな人におすすめ

  • オシャレで広い天板のデスクが良い
  • 脚と天板を自分でカスタマイズしたい人
  • 価格より価値を重視する
  • スタンディングしながら作業がしたい
  • デスクお高さを自由に簡単に変えたい

今回レビューするFLEXISPOT E7 Pro(コの字型)公式サイトWEB限定で販売されています

>> FlexiSpot公式サイト

目次

電動昇降デスクFlexiSpotとは?特徴やシリーズの種類

FLEXISPOT|会社概要

昇降デスクの脚は黒と白でクラシック感を出し、多色な天板で自分好みのカスタマイズが可能になるFlexiSpotの昇降デスク

会社名楽歌株式会社
役員取締役:項楽宏
代表取締役:斉冰白
事業内容エルゴノミクスに基づいたオフイス家具の開発・製造・販売・輸出入
事務所【埼玉本社】
〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町 上富2056
従業員数本社:1582名(2022年1月現在)
売上EC事業 21億(2021年間)
会社概要:公式HPより

日本に本社を置き、代表取締役は中国系の方かなと想像しています。

あさよ

EC事業とは、オンラインショップのことだよ

FLEXISPOT|特徴

FLEXISPOTは、自分好みの「脚」と「天板」を選んで組み合わせることができます

  • 脚フレーム
    • 7種類(電動)
  • 天板
    • 7種類

もちろん、脚のみの購入も可能なのでDIYが得意な人は自分で天板を作成・設置することもできます。

それでは下記で「FLEXISPOTの脚と天板の種類」を紹介していきましょう↓

FLEXISPOT|脚フレームの種類

スクロールできます
型番EG1EF1E8EJ2 2.0E9
(簡単組立)
E7L
(左右L字型)
E7E7 Pro
(コの字型)
画像
脚幅調整範囲85〜129cm85〜129cm110〜190cm110〜180cm116.4cm135〜190cm110〜190cm110〜190cm
昇降範囲71〜121cm71〜121cm60〜125cm69〜118cm73〜123cm58〜
123cm
58〜123cm60〜125cm
耐荷重70kg70kg125kg100kg50kg125kg125kg100kg
重量約19.3kg約19.3kg約32.7kg約28.4kg約30.5kg約32.8kg約32.1kg約33.6kg
対応天板幅:100~160cm
奥行:50~80cm
幅:100~160cm
奥行:50~80cm
幅:120~200cm
奥行:60~80cm
幅:120~200cm
奥行:60~80cm
メープルのみ※カスタマイズ不可幅:140~200cm
奥行:60~80/90~110cm
幅:120~200cm
奥行:60~80cm
幅:120~200cm
奥行:60~80cm
パネルタイプボタン押しボタン押しタッチパネルタッチパネルボタン押しタッチパネルタッチパネルタッチパネル
機能・昇降・昇降
・メモリ
・USB
・メモリ
・ロック
・メモリ
・ロック
・メモリ・USB
・メモリ
・ロック
・メモリ
・ロック
・USB
・メモリ
・ロック
障害物検知なしありありありありありありあり
価格25,300円25,740円66,000円39,600円49,500円59,730円51,700円55,000円

E9(簡単組立)は、天板のカスタマイズ不可です。しかし、組み立てがとても簡単なので「簡単に組み立てられる昇降デスク」が欲しい人にはおすすめです※脚のカラーは黒・白から選択可能

パネルタイプは、昇降ボタン部分のことで「ボタン押し・タッチパネル」の2種類があります。

どちらでも問題ありませんが、スマートな見た目やボタンの隙間のゴミが気にならないのは「タッチパネル」です。

FLEXISPOTの機能は最大4つあり、「昇降・メモリ・ロック・USB」があります。

それぞれの機能の内容

  • 昇降
    • ボタン一つで、上下昇降機能を実現
  • メモリ
    • 「立ち姿勢」「座り姿勢」など複数の高さをあらかじめセット可能
  • ロック
    • タッチパネルを誤って押して可動しないようロック。子どもやペットへの予期せぬ危険から守ります
  • USB
    • タッチパネル横にUSB挿入口があります

障害物検知とは、昇降時に障害物を検知するセンサーが内蔵されており、昇降時に異物を感じたら、自動的に現在の操作を停止して位置に戻るという機能です

子どもやペットを飼っている家庭は、ロック機能付きが安全です。

また、家族で共有してデスクを使用する場合、デスクの高さを記録させてワンタッチで好みの高さにできるメモリが付いている機能はおすすめです。

あさよ

ワンタッチでデスクが自分の高さに調整してくれるだけで愛おしい…

FLEXISPOT|天板の種類

スクロールできます
長方形天板カーブ型天板天然竹天板
(カーブ型/長方形)
化粧貼り天板革張り天板ハイグレード天板ハイグレード天板
(L字型天板)
画像
カラー・マホガニー
・ブラック
・メープル
・ホワイト
・マーブルグレー
・ホワイトウッド
・グレイウッド
・トープ
・ブラウン
・ウォルナット
・ウッド
1色1色1色材質によって異なる材質によって異なる
サイズ100×60
120×60
140×70
160×70
140×70120×60140×70140×70100×60
120×60
140×70
160×70
140×90
160×100
素材メラミン樹脂化粧板(ポストフォーム加工)中密度繊維板(MDF)天然の竹製天板天然木(表面)/ベニヤ(芯材)PUレザー無垢材
ナラ
無垢材
タモ
ゴム 集成材
アカシア節白太有 集成材
無垢材
ナラ
無垢材
タモ
ゴム 集成材
アカシア節白太有 集成材
価格9,900円22,000円長方形;17,600円
カーブ型:26,400円
36,300円22,000円36,960円58,400円

デスク脚フレームと一緒に、カラーや材質が異なるFLEXISPOTの天板を選ぶことができます

FLEXISPOTの天板は、環境に優しい素材を利用し、米国・カナダ・EU・日本の安全認証を取得しています。

あさよ

安心して購入・使うことができるね

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の概要

公式サイトより
脚の色が違うだけで雰囲気が全然変わるね
E7 Pro(コの字型)
脚幅調整範囲110〜190cm
昇降範囲60〜125cm
耐荷重100kg
機能USB
メモリ
ロック
障害物検知
パネルタイプタッチパネル
価格55,000円

コの字型の昇降デスクは、実用性と美学の両方が叶う素敵な脚フレーム

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)は、通常の工字型(支柱が中央部になり)デスクに比べて、デスク下のスペースが広く保たれ、足がフレームに当たることがほぼありません。

なにより、美しく・スッキリした見た目は控えめに言って最高です

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の購入は公式サイトのみ

FLEXISPOTはAmazonなどECサイトからも購入できますが、FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の購入先は公式サイトのみです。

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の購入を検討している方は、公式サイトから購入しましょう

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の使用感

在宅勤務の激増の夫と在宅ワーク用のわたしのデスクとして共用で使おう!と購入したFLEXISPOTの昇降デスク(デスクを使えない方はリビングで作業…)

最初はニトリやAmazonの安いデスクを購入しようと考えていましたが、FLEXISPOTの存在を知って「コレだ!」となり完全に一目惚れで購入しました。

FLEXISPOTを使ってみての感想は、
 →まじで最高過ぎる!デスク環境を整えるだけでモチベーションだけでなく、QOL・作業効率までも爆上がりです。

夫の在宅勤務が増え、FLEXISPOTの昇降デスクを使用する前は、無印良品のパイン材テーブル・折りたたみ式を簡易的に使用していました。

しかし、仕事中のデスク上には、PC・タブレット・スマホ・キーボード・マウス・書類などで溢れかえり、とても使いにくそうな状態。

転勤族で引越しの多い賃貸暮らしなので、設置場所のスペースを取るし、引越しの運搬が大変になるかな?と考えましたが、毎日使うものだし、解体して運ぶことができるのでFLEXISPOTの購入を決意

今では、どちらがFLEXISPOTの昇降デスクで作業をするか取り合いになるくらい、夫婦でお気に入りのデスク環境になっています

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)を選んだ理由

まずは、数多くあるFlexiSpotの脚フレームからE7 Pro(コの字型)を選んだ理由は、本当に単純で「見た目・デザインに一目惚れしたから」です

丸みのある可愛くて優しいフォルムの脚のE8とも迷いましたが、デスク周りはカッコ良く仕上げたくてE7 Pro(コの字型)の「黒」を選びました。

逆に脚の角が気になる・柔らかい雰囲気のデスク環境にしたい人は、E8が合っていますね。

あさよ

コの字型ということで、ぐらつき安定性に不安があったけど、キーボードを打っても全く動じず非常に安定しているよ

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)メリット・よかったところ

デスクの高さが自由に、しかも簡単に変えることができる

1番下に下げた時の高さ
1番上に上げた時の高さ

無印良品のパイン材テーブル・折りたたみ式のデスクの高さが70cmなので、それより低いデスクの高さにすることが可能

FLEXISPOT E7 Pro昇降デスクは、タッチパネルのボタンひとつで自分の好みの高さに調整することができます。

しかも、メモリ機能で高さを記録させておくと毎回微調整せずにジャストで好きなデスクの高さになるのです!

身長178cmの夫と154cmのわたしでは、デスクの高さも全然違うのでボタンひとつでデスクの高さが変えられるのは、とても便利です

スタンディング・立って作業することができる

120cmの息子がすっぽり入る高さ

座ったときの高さ変更が可能な昇降デスクは多いですが、FLEXISPOTは、スタンディングデスク・立って作業をすることができます。

ずっと座りっぱなしで作業をするのも疲れるので、気分転換に立って作業ができるのは良かったです

最近は運動不足と健康に気を使って、立って作業をするときはバランスディスクの上に立っています

デスク環境が快適になる

デスクの上はこんな感じ。

FLEXISPOTを購入したときに、カッコいい&おしゃれなデスク環境を目指しモニターやガジェットを少し揃えました(ガジェットとか全く詳しくありませんが、Amazonおすすめとかベストセラーを参考にしています。笑)

天板も広く、当たり前にデスク環境が快適になりました。

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)にモニターを置いてもビクともしませんよ。もちろん、重いモニターを乗せたままで安定してスタンディング作業もできます

自分好みの組み合わせでオシャレ空間が完成

FLEXISPOTは脚のフレーム・天板を選んで組み合わせることができます。

わたしは、黒やモノトーン・カッコいい雰囲気が好みなので今回は「黒」のフレームを選びましたが、組み合わせ次第でデスク環境の雰囲気がガラッと変わります。

あさよ

自分好みの組み合わせでカスタマイズを楽しめるのもFLEXISPOTの良いところ♪

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)デメリットや注意点

重たいので最初の組み立てや移動が大変

重厚感あるブラックの脚・この時点でも重い

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)の重量は、約33kg

組み立て前の段ボールを運ぶのも一苦労するほど「重い」この一言に尽きます。

天板も重い。しかし、カッコいい!
穴が目印だよ!わかりやすい

最初の組み立てや、模様替えなどの移動は1人ではなかなか大変なので大人2人でやった方がいいでしょう

また、電動ドライバーがないと組み立てにめちゃくちゃ時間がかかるので、この際に電動ドライバーを準備しておくことをおすすめします。

はじめての電動ドライバーに感動している夫↑

夫が組み立てながら「これ、手動ドライバーだったら握力なくなってた。電動ドライバー最強だよ」と言っていました。

確かに、組み立て時に何度かネジの場所間違えて、ネジを取って・新たに付け直したりしていて電動ドライバーがあった方が組み立てが簡単です

使用した電動ドライバー
光るので暗い手元でも見やすく作業できました

この電動ドライバー、簡単な組み立てやDIYに使えるのはもちろん、とにかくオシャレ!マットブラックでシンプルなデザインが最高です

ケース付き、5,000円代で購入できるのでマジでおすすの電動ドライバーです。

昇降時は周りに気をつける必要がある

左上にある棚にぶつかったから昇降時はデスク周りには注意

昇降デスクは左右はもちろん、壁側に物を置いていたら昇降時に周りのものに当たる可能性があるので、デスク周りには気をつけましょう。

周りに障害物があった場合、昇降時に異物を感じたら内臓されている「障害物検知」のセンサーが反応して、自動で停止するので安心です

※ちなみに、この丸くて赤いのがスタンディングモードのときに使用しているバランスディスクです

あさよ

黒が良かったけど貰い物だから…くっ、黒がよかった!せめてグレー!笑

30分乗りながら立って作業すると、普通に疲れるから適度な運動になっていると信じています。

デスクに引き出しや棚などの収納場所がない

デスク周りにはどうしても文房具やガジェットが必要になり、収納スペースが欲しくなります。

しかし、FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)には、引き出しや棚などの収納スペースがないので、追加オプションで購入するか、デスク横に置ける棚を用意するといいでしょう。

わたしが使用しているのは、「DRAW A LINE」の突っ張り棒です。

昇降デスクの脚フレームに合わせて「黒」にしました

まだ、殺風景ですが観葉植物や時計を置く予定です

昇降するので配線の長さなど注意が必要

配線のセンス皆無…

FLEXISPOT昇降デスクは、昇降範囲60〜125cmあるので配線の長さに余裕を持たせておきましょう(余裕持たせすぎてダラんとなって格好悪いですが…)

コードが突っ張らないように様子をみながら配線の長さを調節すると、初心者でも上手くいきます!

配線のセンス無さすぎて、YouTubeでお勉強したらケーブル収納スリーブ というのが良いらしく購入してみました

あさよ

届いたら配線整えて写真アップします

FLEXISPOTの口コミ・評判

FLEXISPOTのビジュアルの良さはもちろん、使用している方々のセンスも抜群です。

あさよ

素敵なデスク環境に惚れ惚れしちゃいます

昇降デスクFLEXISPOTはどこで買える?

昇降デスクFLEXISPOTは、公式サイトAmazon・楽天市場・Yahoo! ショッピングなどのECサイトで購入することが可能です。

あさよ

ECサイトとは、オンラインショップのことだよ

今回、わたしが購入した「FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)」公式サイト限定での販売ですが、それ以外のほとんどの型番はECサイトで購入することができます

公式サイトでは、脚と天板の組み合わせをしながら選ぶことが出来て完成イメージがつきやすいので、Amazonで購入するときも、まずは公式サイトで完成イメージをつけておくといいですよ。

FLEXISPOTを安く買う方法

FLEXISPOTを安く買う方法は、2つ

  • 公式サイトSALEやキャンペーンを待つ
  • Amazonのタイムセールで安くなっているときを狙う

公式サイトから安く買う方法

FLEXISPOTは、公式サイトのキャンペーンで安く購入すことができます。

わたしは、タイミングよくキャンペーン中だったので10〜30%OFFで購入することができました(型番によって割引率が変わる)

FLEXISPOT公式サイトでここまでのセールは珍しく、運が良かった!って感じです

たまに(年に1回くらい)お得なキャンペーンなどやっているので、購入を急がない場合はキャンペーンやSALEまで待つといいでしょう。かなり待つことは覚悟してください…

Amazonから安く買う方法

FLEXISPOTは、Amazonのタイムセールなどでも安く購入することができます。

しかし、型番やカラーが限定されていることが多く、自分が好きな組み合わせになるとは限りません。欲しい型番が安くなってたらラッキー♪くらいの確率です

他にも、楽天Yahoo!ショッピングでも購入することはできますが、どちらも送料が4,000〜10,000円で割高になってしまいます。※Amazonは送料無料

FLEXISPOTを安く買う方法は、公式サイトAmazonからの購入が最も安く購入できる方法でしょう。

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)レビュー・使用感|まとめ

今回、完全な一目惚れで購入した「FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)」ですが、2022年買ってよかったものベスト3に入るほどのお気に入りとなっています。

安い買い物ではありませんが、FLEXISPOT昇降デスクは、毎日使い・インテリアの一部にもなり、なにより快適なデスク環境が整うのでコスパは十分だと感じています

むしろ、もっと早く買っておけばよかった!という気持ちが強いです…

最高のデスク環境を作るために、まずはFLEXISPOTのデスクでテンションと作業効率を上げていきましょう♪

FLEXISPOT E7 Pro(コの字型)

メリット
デメリット
  • 好きな高さのデスクになる
  • 立って作業ができる
  • デスクの昇降が簡単
  • オシャレな見た目
  • カスタマイズ自由
  • 高品質・安全性が高い
  • 安くはない
  • 組み立てが大変
  • とても重い

こんな人におすすめ

  • オシャレで広い天板のデスクが良い
  • 脚と天板を自分でカスタマイズしたい人
  • 価格より価値を重視する
  • スタンディングしながら作業がしたい
  • デスクお高さを自由に簡単に変えたい

今回レビューするFLEXISPOT E7 Pro(コの字型)公式サイトWEB限定で販売されています

>> FlexiSpot公式サイト

これから、デスク周りを整えて詳細を公開していく予定なので、興味のある方はブックマークをして、たまに遊びに来てくれると嬉しいです。

>>在宅勤務の夫とWebライター妻のデスク周りを紹介!(後日公開予定)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次